日唱サロンコンサート合同練習(1/22)

3回目の合同練習でした。

体操、発声をいつもどおり終わらせ、「手まり」から練習です。

まず最初から最後まで通して歌いました。通しで歌うのは合同練習3回目で初めてです。

今までは練習番号毎に音の確認をしながらでしたが、一通り最後まで通すと全体感が把握できます。

通しで歌ったあとに先生から注意されたことは「子音がぼやけて言葉がわからない」でした。

良寛相聞の「手まり」「君や忘る道」は美しい日本語を大切に歌いたいです。

続いて「君や忘る道」この曲も歌詞をしっかり理解して、美しい日本語で歌うようにしましょう。

お休みの前に全体合唱の「遥かな友に」を歌いました。

この曲はともすると歌い慣れているせいか大切に歌うことを忘れて歌ってしまいます。

パートごとに音の確認をして丁寧に練習をしました。

最後の「お休み 楽しく」の部分はP(ピアノ)です。ここがどうしても大きくなってしまいます。

優しく語りかけるように歌いたいですね。

最後にCantate Dominoもまず通しで歌い、かなり細かい部分のご指導をいただきました。

今後の練習で「指揮をどれだけ見て歌えるか」・・・・・・各自の努力に期待です。

練習後45分間お茶会を開催しました。

お茶お菓子は先生からの差し入れ、ごちそうさまでした。

参加各団の代表者から、団の紹介をいただき、コンサートに向けて団結が強まりました。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中